メソセラピー(脂肪溶解注射)おすすめクリニック2019〜口コミ&効果〜

メソセラピーってご存知ですか?
別名、脂肪溶解注射の名の通り、気になる部分の脂肪を注射で溶かしスリム化をはかる美容の一種です。

メスを使った手術ではなく、注射針で薬剤を注入するだけの「プチ整形」の一種だから短い時間で終了し、ダウンタイムもほぼありません。食事制限や厳しいトレーニングなしで理想のスタイルが手に入ると今人気を集めている美容法です。

メソセラピー(脂肪溶解注射)とはどんな施術?

メソセラピーは1952年にフランスで生まれた美容技術です。気になる部分の脂肪やセルライトを注射で溶解し、体外に排出、理想の形に仕上げます。

10分程度の時間で施術は終わり、整形に付き物のダウンタイムもほぼありません。
空いた時間を使って気軽に受けられる施術です。

メソセラピー(脂肪溶解注射)おすすめクリニック2019

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックでは脂肪溶解注射は「MITI(マイティ)」を採用しています。
脂肪細胞そのものを消失させる成分を含有、他の薬剤よりも効果が見えやすいのが特徴です。

注射後の炎症反応は軽く筋肉痛程度の痛みが1日~1週間ほど続きます。
また薬剤を部分的に注入するのみのの簡便な治療です。

術後はすぐ日常生活に戻ることができ、他の整形手術のように包帯やガードルなどで圧迫しなくてもオッケーです。
1~2週間に3~5回の治療がおすすめです。

大宮中央クリニック

大宮中央クリニックでは、さらに進化したタイプのBNLSを使用しています。
一度に注入が可能な範囲は、両手の平サイズ程度となります。10×15cmサイズに対し注射1本使用、1日2本までです。

あくまでも体に支障のない範囲で治療を行うため、1回のに使用できる薬剤量に制限を設けています。

回数治療が必要ですが、クリニックで使用している薬剤には、ステロイドやホルモン剤などはブレンドされていませんので安心して施術が受けられます。

銀座よしえクリニック

銀座よしえクリニックではカウンセリング時に注射は何本必要か確認し、麻酔が必要な場合には塗る麻酔を採用しています。

1本あたりで、手のひらサイズの範囲に対応。
目安としてらお腹は1回2本~4本、二の腕は両腕で2本、臀部は2本~4本。

理想の施術期間は2週間で4~6回位。
施術は15分程度で筋肉痛程度の痛み等以外に目立った副作用もでません。

もとび美容外科クリニック

もとび美容外科クリニックではMITIを採用しています。
これはBNLSが効かなかったひとにおすすめの施術です。

大きな相違点としてあげられるのは、デオキシコール酸やホスファチジルコリンの濃度です。

しかしながら、他の薬剤と比較して腫れやすいのでご留意ください。
とはいえダウンタイムは短く、効果との兼ね合いを考えると優秀な脂肪溶解注射です。

BNLSで思うような結果があらわれなかった人におすすめの薬剤を使用している病院です。

聖心美容クリニック

聖心美容クリニックでは、従来の薬品とは違うFATXという薬剤を使用しています。

この薬剤は、脂肪細胞自体を小さくしたり脂肪細胞の数を減らすことができる最新の脂肪溶解剤です。

脂肪細胞自体を小さくしたり除去してしまうため、他の薬剤に加えて施術箇所のリバウンドしにくく、半永久的なスリムなスタイルも可能となる画期的な薬剤です。

一回の施術でも効果的でありながら、一ヶ月感覚で3、4回使用することにより、より痩身効果を高めることができます。

メソセラピー(脂肪溶解注射)の値段・費用は平均的にどのぐらい?

メソセラピーの料金は平均どのくらいと考えればよいのでしょうか?
一般的には、薬剤に含有されている脂肪溶解成分の濃度に比例して、値段は高額になると考えて良いようです。

メソセラピーで使う薬剤は、クリニックごとにブレンドの割合が違いますので、一概にはいえないのですが、東京の美容外科においては1本30,000円前後で施術を行っているところが多いようです。

また医院によりキャンペーン期間中などには10,000円以下になる場合もあるので要確認です。

せっかくだったらお得な期間を狙いましょう。
また、この施術は複数回に分けて施術する人が大多数なため、回数券的なセット価格を設けているところもあるようですね。

とはいえ、安価な施術が魅力的に見える気持ちもわかりますが、脂肪溶解の最重要成分であるフォスファチジルコリンの濃度が低めのブレンドになっている場合もあるので注意してください。

信頼できるクリニックで施術してくださいね。

メソセラピー(脂肪溶解注射)の安全性と効果について

局部的なサイズダウンに対し、有効と言われているメソセラピーは大豆レシチンから抽出した成分を主成分とする脂肪溶解剤を体内に注入することにより、気になる部分の脂肪を溶解させ痩せることができるという技術です。

メソセラピーはそもそも脂肪肝や動脈硬化症などの治療として考案された施術で、人体にもとから存在する物質を使用するため安全性の高さに定評があります。

通常のダイエットでは痩せにくい部分、輪郭や二の腕、お腹や太ももなどに使用することの多い施術です。

溶けた脂肪は老廃物といっしょに、やがて体外へ排出されます。
また施術にかかる時間は5分~10分とかなり短いのも特徴です。

本格的な美容外科手術である脂肪吸引などと比較して体へのダメージが少なく、恐怖感や施術までのハードルも低めです。

加えて整形につきもののダウンタイムもほぼありません。
効果的であるのにもかかわらず、施術後すぐに日常生活に戻れるのもこの痩身法の魅力と言えます。

メソセラピー(脂肪溶解注射)に副作用やリバウンドはないの?

メソセラピーには気になる副作用はあるのでしょうか?またあるとすればどのような症状なのでしょう?

この施術は脂肪細胞を注射で破壊し溶解するものです。
直後には若干の痛みやほてり、しばらく筋肉痛のような痛みがでることが報告されていますが日常生活に支障をきたすほどの痛みではないということです。

しかしながらあくまでも個人差があることで内出血や赤みがでる人もいるそうです。
こちらも術後数日で消えるのが大多数ですが、それでも痛みが引かないなどの異常を感じた場合にはすぐ医師に相談してください。

また薬剤の種類によってはアレルギー反応が出る場合もあるので、施術前にはパッチテストを行いましょう。

まとめ

メソセラピーは画期的な痩身術です。
しかしながらその施術のメカニズムから即効性がないため、継続して施術を受ける必要があることを忘れないでください。

また使用する薬によってアレルギー反応を起こしてしまう人もいます。
さらに妊婦さんが誤って施術を受けてしまった場合、取り返しのつかないことになる場合もあるので自分の健康状態を熟知した上で信頼できる病院で受けてくださいね。

サイトマップ